年収500万円、家族4人、どんな生活か実体験を書きます

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

年収500万円の家庭生活はどんな暮らし??

 

僕は、日々家族4人を養う身でありますので今日はタイトルのように生活感たっぷりの話をします

 

これから結婚生活、家庭生活を開始する方に少しでも参考になれば良いなと考え、本業の年収500円(サラリーマンの平均年収よりやや良い)のみで家族4人(夫婦、長男3歳、次男1歳)養っていた時、どんな生活をしていたか、新婚さん達にどんな生活が待ち受けているかリアルな実体験を書きたいと思います

 

結論からいうと、色々な選択肢を狭めながら修行僧のような生活すれば、なんとか生きていけるレベル

くらいです

 

きついぜ〜ぎりぎりやわ〜〜

 

 

どんな場所でどんな生活をするのか次第で変動はありますので、この年収でどんな暮らしをしていたか、ざっくり書きたいと思います

 

年収500万円でどんな生活をしていたか

 

毎月の生活費

家賃8万円、毎月の各種保険4万円、嫁は子供が小さいため専業主婦、長男4歳は幼稚園(3万5千円)光熱費3万円、車2台所有、、外食は時々、、日用品や食材はなるべく安い物を選択する、、休みの日は、基本公園等お金のかからない場所へ、旅行は年一回(国内は旅行)

 

かなりざっくり書きましたが、いわゆるこれといって贅沢をしてない

 

   the  普通の生活

 

くらいだと思います、こんな普通の生活でも毎月の出費を平均すると38万円程度となります

 

つまり年間450万円程度の出費、そこから年収500万円、税金を差し引くと手取りは410万円程度なので、、

 

あれ?あれ!?

 

410万円−450万円=40万円の赤字!!

 

えーーー!? 

 

 

これが現実です、、

 

なので、夫婦お互いが、独身時代にためた貯蓄を切り崩しながら、そして親に若干の援助を受けながらなんとか生活している感じでした

 

ですが、それでも新婚で二人の子宝にも恵まれましたので、お金を使えない生活でも、ささやかな幸せを噛み締めながら、幸せに生活して、、

 

 

なんてイクかいな、ぼけーー!!

 

 

現実問題、常にお金がなくて、お金の計算ばかりする生活は、めちゃくちゃ夫婦ゲンカが、増えます

 

文章には書けないくらいコンプライアンスにひっかかるような汚い言葉がゴリゴリに飛び交います

 

綺麗事を言いたいところですが、今や3分の1の家庭が離婚する時代、理由は様々ですが、お金が原因でギクシャクしていくことが原因、こんな事例はきっと多いです

 

お金の切れ目は縁の切れ目とはよく言った物だと思います

 

ケンカの理由

 

ケンカの理由も本当にささいなことです

 

例えば、妻の実家での生活はミネラルウォーターを飲む暮らしを今までしてきました 

 

対して僕は作ったお茶を冷蔵庫に保存して、それを飲む生活をしていました

 

妻は家計が火だるまにあっても、ミネラルウォーターの優先度は高く、今まで通りお茶を作らず、ミネラルウォーターを購入してました

 

僕からすれば、お茶を作れば一ヶ月で3000円以上節約できるため、次第にストレスがたまっていき

 

ある日、ついに

 

 

「こんなお金がない生活してるんだからお茶くらい作ってくれよ!お湯沸騰させて、お茶パック入れるだけでしょ!」

 

と、

 

「水くらい安いんだから、それくらい買わせてよ!普段の食材やお菓子とかで節約すればいいじゃん!」

 

と、、

 

お湯を沸騰させてお茶、、どころか、沸騰するのはお互いの怒りのボルテージばかりで、話は平行線をたどりお互いにストレスを溜め込んでいきました

 

育った環境や価値観の違いから、ささいなことや、お金の使いどころの部分でとにかくケンカしました

 

もしお金に余裕があれば、その8割はケンカしてなかったのではないか、と今になって本当にそう思います

 

ケンカが増えると子供の前でもそういった姿を見せてしまったり、生活全般がギクシャク、嫌〜な空気感が漂っている感じでした

  

毎日の食事はどんな感じ??

 

食事は毎日の生活の楽しみの一つなので、充実させたいところかと思います

  

実際にはどんな感じだったのか、

 

スーパーに買い物に行った際はとにかく、グラムあたりに対してその商品の最安値を探して、購入していました 

 

チーズやコーンスープ、フルーツ等、なくても生活できる食材はほぼ買っていませんでした 買えませんでした

 

レジで自分の前に並ぶお客さんが、スモークチーズや、牛肉など、おいしそうな食材を大量に買い込む姿をうらやむ日々でした

 

毎週一食は焼きそばの日を作って節約に励んでいました

焼きそばは麺、もやし、豚肉で一食一人あたり50円くらいで作れるので節約生活には最高だと買い出しに行って作る度に感じていました

 

週に一回の麺の日!!やったーわ〜い(学生時代の給食の毎週月曜日のパンの日のイメージ)と無理くり理由づけをして、

 

ちょちょぎれる涙をこらえながら、焼きそばを胃袋に流し込む日々です

   

外食はほとんど行けませんでした、時々食べるマクドナルドが最高に贅沢な食事で至福のひとときでした

(いや、マクドナルド買う日は今でも変わらず最高に贅沢なひとときですね(*´﹃`*)) 

 

一家の大黒柱として、僕が感じていたことは、、

 

やはり一応一家の大黒柱ではありましたので、今後の生活に対して色々と考えていました(まあ、今もですが、、)

 

子供の笑顔や公園で遊ぶ姿をみると、単純に幸せな気持ちになりました 

 

家で握ったおにぎりを家族と公園で食べるのが大好きで心穏やかになりました

 

ただ、夜子供の寝かしつけが終わるといちまつの不安にかられるため、バイトの求人広告や、嫁のパートを探す等、年収を少しでも引き上げることばかり考えていました

 

くっそーーー!このまま終わってたまるか、ぜってぇ勝つ!!

 

ざっくりこんな心境です

 

すごく悪いメンタルが続くわけではなかったですが、決して良い精神状態で生活していた訳でもなかったです

 

まとめ

一般的には決して低い年収ではないと言われる年収500万円ですが、独身であれば、何不自由なく生活していけますが、家族4人が幸せに豊かに生活をしていくには不十分な金額であり、奥さんの共働きは必須になる場合が多いのかと思います

 

毎年赤字になる計算ではありましたが、車を一台にする、保険を見直す、外食を一切やめる、など

 

切り詰めていくことによって、一応生きていけるレベルではあるかと思います

 

ただしお金のことで夫婦ケンカは増え、離婚など、円満で豊かな生活を送るのを、脅かす年収、

 

それが年収500万円のリアルな位置づけくらいかと思います

 

 

副業を通して、徐々に年収が上がってきたため、各年収レベルの生活(年収600万円の生活や、700万円の生活等、)を身をもって体験してきましたので、また、記事にしたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました