メルカリ内でのローカルルール(専門用語)とその対応方法

メルカリ
スポンサーリンク

メルカリを初めて使い出すと様々なメルカリ内でのローカルルールに直面するかと思います

 

今日はメルカリ内での専門用語の説明と、僕がその用語に対してしている対応方法を、取引実績5000件以上のメルカリ廃人の目線から書きたいと思います、よろしければご参照くださいませ

 

○○様専用(取り置き)

メルカリで真っ先によく見かけるのが、商品名にこのような名前がついてるものです

 

意味は文字通り、〇〇様が購入予定の物なので、他の方は購入しないでくださいね、といった意味合いになります 

 

専用出品されている物の中には、自分が欲しかったのにな〜、と感じる商品も多いかと思います

 

ですが、その商品は誰かが予約済みなので買えない、、、

 

なんてことはありません!!

 

以前の記事にその理由をかきましたのでご参照ください

メルカリの専用出品の横取りはダメ??
 全然良いよ!! だってその商品欲しいんだもん!  今日はいきなり結論から言ってみました専用出品や値下げ交渉中の商品は迷わず買う!その理由は、、 欲しいんだもん、だから買う!...

 

結論は普通に専用の商品でも購入できることが多いですね

 

即購入禁止、購入前にコメントください

 

これもよく見かけますね、意味としては、いきなり購入ボタンを押さずにまずは「購入してもよろしいでしょうか?」と俺様にわざわざ聞けよ、というくだらないルールですね 笑

 

対応方法ですが、結論からいうとこちらも僕ならとりあえず迷わず、即購入します

 

理由は、以前忠実に相手の言ってることを守って

「失礼します、こちら購入してもよろしいでしょうか?」

 

と確認をとっていましたが、なかなかの頻度で、出品者とのコメントやり取り中に他の方に横取り購入されてしまうことが多かったからです

 

そして、その際、出品者に「私が先に購入してもよろしいですかと尋ねたので、私に購入権利があるかと思うので、なんとか購入させていただくことはできませんか」と尋ねました

  

そして出品者からこのように返答がありました

「この度は、先に商品が売れてしまいましたので、すみません、またの機会によろしくお願いします」

 

と、、。

 

一体なんだったのだろう、この信念のない、こんにゃくのようなブレブレのぶるぶるのマイルールは、、

 

正直者はバカをみるというやつですね

  

そういったマイルールを設定している方に限って、信念がなく話の辻褄が合わない方が多いです

 

まあ、所詮はその程度の決めごとなので、即購入してしまってなんら問題ありません

 

ただ、そういった記載のある方からそのまま商品を購入して取引をすすめると

 

最後に律儀に「普通評価」

コメント欄には「即購入禁止にも関わらず即購入されたため」

だとか、まさかの評価をつけてくる人がいます 

 

マイルール設定する方に限って他人には鬼のように厳しかったりします 笑

 

即購入できて、更に悪い評価をもらわない方法

 

手順としてはまず、

 

即購入します

 ⬇

すぐにメッセージで

「商品説明をあまり見ずに商品購入してしまいました、、大変申し訳ございませんm(__)mもしまだ商品ございましたら、このまま購入させていただきたく思います、なければキャンセルで構いません、よろしくお願い致します。」 

 

と、コメントしとけば、相手も嫌な顔せずスムーズに、取引が進行していきます

 

もし商品ない場合、キャンセルになりますが、お支払い方法に応じて事務局から返金されますので全く問題ありません

  

プロフ必須

 

要するに取引に対する心意気や、マイルールが書いてあるからプロフィールを一度見てから、取引してくださいよ

 

という意味です 

  

マイルールの中ではかわいい方かと思います、プロフ見たは良いものの、そこに専用や、即購入禁止等の、マイルールがつらつらと書かれている日には発狂しますが、そうでなければ、僕はあまり嫌な印象は持ちません

 

中には専用出品してくれ、や、取り置きしてくれ、値下げしてくれ、等のわずらわしいコメント対応に飽き飽きして、「取り置き、専用等してません」

 

と書いてある、健全な内容もありますので、一概に邪険にすることもできません 

 

これをニックネームに書いておくことで、一定人数を自分のプロフに、引き込めるので、うまく使う分には有効に使える手法かと思います

  

振り返ると、プロフ必須と見かけた際はとりあえず僕もプロフィールを一読していますので、見てもらうという意味では効果の高いフレーズかと思います 

 

お値下げ不可

 

こちらもよく見かけます、要するにお値下げしませんので、その手の類のコメントはわずらわしいので辞めてください、という意味です

  

これは良いと思います

 

急にマイルールに対して肯定的になりましたが、実は僕は「お値下げ不可」を使っているからです 笑

 

この文言を使っていますが、マイルールというより、自分のスタイルだという理解の方がしっくりきます

 

やや感じの悪いフレーズに感じる可能性は否めないですが、僕のように、稼ぐに焦点を当てる場合、商品を一日に何個か売る必要が出てきます

 

そうなってくると、いちいちお値下げ可能か?などのメッセージに対応するのは非効率になってきます

 

また、一人一人が提示してくる値下げ交渉に個別に対応すれば、それぞれのお客さんへの値下げ率が不公平になるため、商売をするには不利になります

  

本格的に月に何十万円も稼ぐようになってくると、値下げ交渉はわずらわしく感じるため、有効な手段だと個人的には思います

 

このフレーズを見かけた際には、僕自身も相手の心理がよくわかるのでお値下げ交渉は行わないようにしています 

 

一定の効果はありますので、値下げ交渉がわずらわしい方はぜひ導入する価値ありです

  

いいね不要、いいね✖

これもちょくちょく見かけますね

 

意味としては、いいねは押さないでください

 

という意味ですね、そのままですね、問題は何故いいねがだめなのか

 

要するにいいね、されることで、その都度お知らせ欄には通知が届いてしまうかと思います

 

それが、ただただ煩わしいし、ややこしいから辞めてくれよ、お知らせ届いたから思わず売れたと思って確認したら、いいね、がついただけかよ、勘弁してくれ、コノヤロー

 

と、わずわらさを感じることが嫌な方が、時々このフレーズを使用しています

 

ただこのマイルールは、かなり相手に嫌なというか、自己中心的で威圧的な印象を与えてしまうかと思います

 

少なくとも僕は、この人はひと癖ありそうだから、ちょっと購入するのは辞めておこう

 

と敬遠してしまいます 

 

いいね、はつきにくくなるかと思いますが、その分売れにくくなることは間違いないので、使わない方が無難なマイルールかと思います

  

 

 

いかがだったでしょうか?

 

使い方によってローカルルール(マイルール)の導入は良い方向にも悪い方向にも傾きつつあります 

  

自分の取引スタンスによって使うだけでなく、それにより相手にどんな印象を与えてしまうかなども考えて導入できると良いかと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました