メルカリで不良品が届いた!その時の適切な対処方法

メルカリ
スポンサーリンク

メルカリで商品を購入した際、不良品や商品情報とあまりにもかけ離れた商品(新品と書いてあったのに使用感が強い等)が届いた場合のベストの対処法を、5000件以上の取引実績の経験を経て書きたいと思います

 

せっかくなので、まずは、5000件以上、取引を重ねてきて、どんな不具合商品が送られてきたかを、ご紹介したいと思います

スポンサーリンク

今までにメルカリで届いた不良品(衣類)

 

カビの生えたズボンが送られてきた

とにかくびっくりしました。厳密にいうと、ズボンの金具の部分が緑カビと綿のような白カビで覆われており、金具の色がかくにんできないほどでした、開けてカビを確認後、すぐにゴミ箱にぶち込みました、怒りを抑えるのに必死でした

 

チャックが上がらないズボンが送られてきた

最低でした。確信犯でしょう

 

商品説明に新品・未使用の記載があったのに、捨てる直前の商品が送られてきた

タグ付きの画像だったのに、届いた商品は当然タグなし、記生地はクタクタで捨てる直前、というか衛生面も心配だったので秒速で捨てました

  

破れた服、カレーやソースシミのようなものが付着した服が送られてきた

赤の他人がつけたソースのシミ、めちゃくちゃ不潔に感じる、顔も知らないのでより一層汚く感じます、勘弁してください

 

商品のモデルが着てた画像とは違う商品(全くの別物)が送られてきた

知ってか知らずか、全くの別物の商品を送りつけてきました、モデル画像をネットから拾ったのでしょうが、別物なので、普通の詐欺です

  

寸法の記載が全く違う商品が送られてきた

衣類の場合、着丈や肩幅、身幅等の平置き寸法が商品説明欄に記載されている商品がございますが、その寸法が5㌢以上も違っていました   

 

1〜2㌢ならともかく5㌢違うとSとLくらいの違いがあります、採寸雑すぎます、僕の目分量で測った方がまだ精度が高いです

 

 

こんな感じで、、

 

まだまだまだまだきりがないですがこんな感じでしばしば納得できない商品を送りつけてこられることがあります

 

確率にすると20着に1着(20分の1)くらいの確率で不良品というか、商品説明からは納得のいかない商品が送られてくる印象です

  

不良品には悪い評価をつけて終わる、、、なんてことはしないで欲しい!!

不良品が届いた際、やってしまいがちというか、実際に僕がまだまだ取引経験が浅かった時には、ベストだと感じてやっていた対処方として、、

 

評価画面で、悪いの評価をつけて、文章欄には思いの丈を書きなぐるように記入して、ざまあみろ、という気持ちで取引終了としていました

  

「おりゃおりゃー!不良品なんて送りつけやがって!ざまあみろ!これで評価下がって売れにくくなればいぃ、!……」

 

スッキリしたような気持ちで取引き終了! 

 

「ふぅ、、ざまあみろ、、、」

  

 

 

 

ぜ、

 

全然スッキリしない!、、、

 

 

最初は悪い評価をつけるという、なんとなくのこちらの罪悪感も手伝い、それで満足していましたが、

 

根本解決には至ってないことに気づきました、、悔しいので見ないようにしてただけだったかも

 

そうです、悪い評価、の選択肢はありますが、本当に悪い評価をつけなければならない相手には、お金を払って取引終了したくないケースが多いのです

 

不良品が届いた、その時の正しい対象方法

不良品が届いた 

 ⬇

ここで、悪い評価をつけて取引終了してはいけません  

相手を評価すれば、その後でこちらが何を言おうが、お金が相手に支払われて取引終了となってしまいます  

 ⬇ 

ですので、冷静に次のようなメッセージを送ります(商品は例)

「先程、購入させていただいた商品が届きました。しかし、新品、未使用と商品説明欄にありましたが、実際の商品は使用感やソースのような染みが目立ち、情報との解離が大きいため、残念ながら受け取り評価できません。①着払いで返品してキャンセルか、②そのままキャンセルか、③事務局に写真つきで報告させていただくか、どれかをお選びください」

(こちらは悪いことは何もしてません、淡々と強気でいきましょう)

相手は分かった上で、不良品を送りつけているので、事務局に写真つきで報告する、の1文がかなりネックになってきますので、この文章を送ることで8割程度の確率で、キャンセルに応じてくるかと思います

 

①②③の選択肢もあらかじめこちらから提示することも忘れてはいけません、相手は根本的に頭悪いので、こちらから提示してあげないと、あらぬ方向に話が展開する可能性があります

 話を戻します

8割くらいがキャンセルに応じてきまして、2〜3000円程度の安い商品の場合②のそのままキャンセルを選択してくる場合が多いです。①の場合、着払いなのであちらが、更にお金を払わねばなりませんので選択してこない場合が多いです

 

ただ、5000円以上するような商品だった場合、①の着払いで返品を求められる場合もありますので、仕方なしに自分に負担のかからない発送方法でもちろん着払いで送り返しましょう

 ⬇

残りの2割、こいつらが本当に厄介です

実際に先のような、こちらから送った文に対しての相手の返信として

「そちらが商品を汚しときながら、それを事務局に報告するのですか?」

や、

「返品するといって、違う不良品の商品にすり替えるつもりですね」

等、めちゃくちゃなことを言ってきます

 

それも、そうです、不良品を平気で送りつけてくるような奴です、ようするにそもそもが人間のクズみたいな奴なのです

 

そのような理不尽な返信をしてきたら、後はまともに相手をする必要はありません

 ⬇ 

その場合、受け取り評価画面で【悪い】を選択しようとします、するとこのような画面になります

 そして、上記のお問い合わせをタップします。すると下記のような画面に移動します

事務局へのメッセージと写真を添付する画面になりますので、このようにメッセージを作成します

 

「出品者とのやりとりのように、新品、未使用と商品説明欄にありましたが、実際の商品は使用感やソースのような染みが目立ち、情報との解離が大きいため、残念ながら受け取り評価できません。更にはメッセージに対する対応もまともではなく、これ以上出品者とやりとりをして、解決方向に向かうのは困難だと考えております。お手数おかけしますが事務局でのご対応をよろしくお願い致します」

あとはできれば、問題箇所の写真を添付します

 

以上です

 

すると1〜2日後には、事務局側が商品のキャンセルと返金手続きを進めてくれるので、このまま無傷で取引終了となります

  

メルカリは個人対個人での取引なので尋常じゃないくらい頭が悪いというのか、モラルにかける人間が一定数います 

 

ただし、上記のように、適切に冷静に対処していき、適材適所で事務局に介入してもらえば、大きなトラブルに巻き込まれることなく取引できます

 

私自身5000件以上メルカリで取引を経験してきましたので、本当に色んな事例を目の当たりにしてきました

 

ただ、ものすごく納得のできなかった取引は今までに一度もないので、使い方次第では、本当に画期的なプラットフォームだと感じております

  

皆さんも今回の記事を参考にしつつ、大きなトラブルに巻き込まれないようにしてください

また、タイミングありましたら、トラブルの対処についての記事を書いていきたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました