メルカリで上手に値下げ交渉して安く買おう!値下げ交渉のテクニックとは?

メルカリ
スポンサーリンク

 

今日はメルカリにおける上手な値下げ交渉の話です

 

メルカリで普通にショッピングを楽しむ場合、または仕入れるために、等、理由は色々だと思いますが、値下げ交渉を成功させたり、また、できるだけ安く購入できるに越したことはないかと思います

 

上手に値下げ交渉するをテクニックを使うことで通常よりいくらかは確実に安くすることが可能となります

 

今日は

その具体的な方法(例文つき)についてお話をしたいと思います

  

僕は基本出品することがほとんどなのですが、購入することももちろんあります

 

今までの総取引数が5000をゆうに超えていますので、その経験則から最も値下げが成功しやすくなるコツを書きたいと思います

 

スポンサーリンク

値下げ交渉の悪い例

  

無理❢❢

 

ただせっかくなので、

まず、、逆に言われて一番値下げしたくないパターンの実体験をご紹介したいと思います

 

ちなみに僕の商品説明欄やプロフィール欄には、必要最小限のコメントやり取りで済むように

 

お値下げ不可、、

 

としっかり書いてありますが、一部のメルカリ民には全く効果をなさず容赦なく、値下げ要求のメッセージがきます、、

 

では、さっそくいきます、、

 

6000円の商品に対して、

 

相手2000円で即決です!」

、、、

、、

私『いや、結構です、ブロックしときますね』

とは、体裁上もちろん言いませんが、一瞬そんな気持ちになります

 

でもなんだか、半額以上の要求が逆に気持ちいいっス(*´﹃`*)

 

ご覧の通り、めちゃくちゃヘタ糞なパターンですね

 

値下げ不可の相手に対してく超上から目線で、半額要求をする、、

 

どこに勝算があって、どんなテンションで言ってきてるのが、気がしれません

 

 

では、、

次のご紹介です

 

常に値下げ不可を商品欄にうたっている僕に対して

 

相手『どこまで値下げ可能でしょうか?』

、、、

、、、

もう、入り口から間違えてくるパターンです

 

うん、

ブロックします、、お疲れ様でした、、

 

 

そんな感じで、上記の2つのようにもしこんな感じで相手がきたら、かなりむかつきませんかね?

 

値引きをしてもらうどころか、ムカつかれて軽くあしらわれる、またはブロックされる、、こんなことでは本末転倒です

 

あんなアプローチでは、成功するものも成功しません

  

値下げ交渉の超具体的な例文

では、具体的にどうするか、、

 

3000円の商品に対して

 

「コメント失礼します(^ ^)即お支払いできますので、2000円でお譲りいただけませんでしょうか? m(__)m

 

運が良ければ、これで成立します

 

普通は、

相手「すみません、ちょっとそこまでのお値下げは考えてないです。」

 

と、まあそんなところです(ゆっても33%の値下げ率ですからね( ;∀;)なかなかの非常識です)

 

「無理言いまして申し訳ありませんm(__)mそれでは2500円でも難しそうでしょうか?」

 

相手「分かりました、お値段変更しますね」

 

かなりこんな展開になることが多いです 、値下げ交渉不可の方でない限り

 

8割程度は成功する感覚です

 

では、なぜこの言い方で成功しやすいか、まず、

  

『~~~~~ m(__)m』必殺いきなりの土下座です   

お願いします!!一生のお願いです〜

下手に出ておいて、間違いはありません 

 

心理的にいきなり土下座をすることで、された相手は少なくとも悪い印象は受けないですし、もっと言うなら土下座をされた方は、なぜだか逆にちょっと申し訳ないような気持ちになります

 

少なくとも先ほどの悪い例よりは、断りずづらくなることが想像できるかと思います

 

実際に私が出品している商品に、かなり下手に値下げ交渉にこられる際、土下座でこられた相手には断る方も割と気力を使います

 

次に

『即お支払いできますので、、』

 

このフレーズがかなりPOINTです

 

メルカリのコンビニ払いの場合、購入手続きされてから、お支払いをしてもらい、その後発送の手順ですが、残念ながら購入手続き後、一向に支払いをせずキャンセルになるということが、結構な頻度でみられます

 

残念ながらマナーの悪い人は一定数います

 

ただ、ポイント払いやクレジットカード払いの場合、購入と同時にお支払いが完了しますので、いきなり発送に移ればよく、キャンセルされることはほぼありません

 

ですので、

 

購入と同時にお支払いのパターンは出品者からしたら、話がスムーズで非常にありがたい流れなのです

 

なので、多少厳しい値下げ交渉だとしても、まあ、話が早いから良しとするか、、と交渉成立するパターンになるわけです

 

ただ、値下げ率が高いので、一発目、丁重に断られることも、多いです。「丁重に断られる」これはいきなりの必殺土下座が効いている証拠ですww

 

これをやってないと、コメント削除されたり、ブロックされたり、、相手に不快な思いをさせる要因になります、

 

次に、断られた後に、「では2500円ではどうでしょう?」のフレーズのですが、

 

一発目に厳しめの交渉後、次に緩めの提示をすることで、「まあ、、それだったらなんとか対応するか、、下手に出てきてるし、、」と思ってもらいやすくなります (心理学的にも根拠が出ているやり方です)

 

なので、

一回目は内角インハイを攻めるような、厳しめの交渉を、2回目は値引きしてもらえたら、嬉しい妥当な金額を提示することで、格段に値引き成功率が上がるはずですので、お試しください

 

あ、あと土下座m(__)mも忘れずに

 

出品から長い期間が経過している商品は値引き交渉が成立しやすい

 

出品から長い期間(経験的には2週間以上くらい)が経過している商品は、やや厳しめの値段交渉も成立しやすくなります

 

出品者側の心理状態は、出品当日にお値下げ交渉されると、まだ値段を据え置いて様子をみよう、となりますが、

 

出品から一ヶ月も売れずに経過すると、この商品はもうこのまま売れないのではないか、、と諦めムードや危機感を覚えます

 

そんな売れ残り商品に前向きなコメントが入ったとなれば、

「お〜!救世主現る!ありがたや〜」

となる訳です

 

ですので、多少厳しい交渉をされても、売れ残るよりは売れたほうがマシ、と考え交渉成立に至ります

 

値下げ交渉は具体的な金額を必ず提示するべし

 

交渉の際、一番される側が困るし、わずらわしいのが、先程、交渉の悪い例でも述べたように、

 

「値下げ可能か」「どこまで値下げ可能か」

等、金額を提示してこないパターンです

 

仮に値下げ可能だったとしても、相手がいくらくらいの値引きなら購入するのか不明なため「可能ですが、いくら希望ですか?」等、出品者側からすると、面倒なやり取りを挟まねばなりません

 

具体的な金額を提示された方が、出品者からすると、その提示された金額が可能か、否かのみの判断で済みますので、ストレスなく非常にスムーズです

 

 まとめ

 

メルカリでは出品する方も購入する方も、見えない心理戦の上に成り立、心理学のテクニックを応用することで、私の場合、稼ぐを目的としてますので、

 

出品するときにはより高い値段で売り、購入するときはより安い値段で買えるように立ち回っています。

 高値で売る方法後々書きます

 

より安い値段で買い、より高い値段で売るを身に着けることで、同じ商品であっても大きな差額が生まれ、大きな利益へとつながっていきます

 

たったの100円安く購入して、たったの100円高く売るだけで、200円の差額が生まれます

 

一か月に100個それを売るとなれば、それだけで2万円の利益が生まれます

 

ちょっとしたやり方次第で、大きな利益差が生まれますので、やらない手はないです

 

稼ぐを目的とせず、普通にフリマを楽しむ場合にも安く買えることに越したことはありません

  

うまく値下げ交渉をして、かしこく買い物ができるのも、フリマアプリならではの良さかと思います

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました