ズブズブの素人が10記事でグーグルアドセンスに合格するためにしたことまとめ

ブログ(ブログ運営と収益関連)
スポンサーリンク

  

スポンサーリンク

はじめに

今までブログ(て言ってもたかだか現在10記事 (;・∀・))でメルカリで誰でも稼げるようになるための実体験を通じたリアルな情報を意識して書いてきましたが、正直、慈善活動でわざわざ稼げるようになるための情報を、書く善意は持ち合わせていません

 

僕自身も現在進行形でメルカリから毎月数十万稼いでいるプレイヤーなので、他の方が稼げるようになるということは自分自身のライバルを増やすことにもなりかねますので、そんなことをするメリットが全くないです

 

ではなぜブログを書いて有益になりえる情報を発信しているか、、

 

それは、ブログで稼ぐために他なりません

  

世間のブロガーさんやサイト運営者さんの誰もが、有益な情報と引き換えにそれに対する対価を稼ぐために情報発信しているかと思いますが、その最初のステップと言って過言ではないのが、グーグルアドセンスの合格かと思います

 

Google Adsens(グーグルアドセンス)とは

 

グーグルアドセンスは、ごくごく簡単に説明すると、自らのサイトにグーグルが発信する広告を張り付けることで、それの見返りとして、報酬(お金)をいただくという仕組みになっています

 

なので、ブログの場合、ある程度記事が増えてきた時点で、自分のブログをグーグルに審査してもらい、そのブログが広告を貼るに値するかというジャッジを受ける必要があるのです

 

ただグーグルからはアドセンスに合格するための具体的な条件を提示さてれいませんので、ネットではグーグルアドセンスに合格するための条件をいろいろな方が発信しています

 

ネットでググってみるとそのグーグルアドセンスの審査が年々厳しくなっていると、言われており、よく言われるのが、質の高い記事を30記事書く必要があると言っている方が多く、

 

少なくとも質の良い記事を20記事は必要だという意見が少なくないです

 

そんなことから始めは質の良い(自分なりにですが、、)記事を30記事書いたら一度アドセンスの審査に通してみようと、ブログをはじめた当初は考えていました

 

ただ、ブログを開始してみると、1記事を書くことがこんなにも大変なのか、、というのが率直な感想であり、記事を書いても、毎日の訪問者は余裕の0、暗闇の中を全力疾走しているような感覚になり早くも30回くらいは挫折しそうになっていました

 

誰にもみられない、誰からも評価されない、続ける意味は?という気持ちが増していく中で、一度誰かに見てもらい評価をしてもらうことでモチベーションを保つ、という意味も含めて、ダメ元で10記事書いた時点でグーグルアドセンスの審査を受けてみた、という経緯になります

   

結果は、、

 

まさかの合格!

  

ズブズブのド素人が手探りでネットの情報を頼りに始めたブログ、ネットの合格の条件などを調べても、まあ90%は不合格だと考えていたので驚きとうれしさを抑えきれずに、記事を書くことにしました

  

10記事で合格するために心がけたことを記事にすれば、これから同じようにブログを始めてみようと考える方に少なからず参考になるだろうと考え、書き記そうと考えました

 

正直ネットには色々な情報や考えが錯綜しています 

 

私自身色んな方の記事を、参考にしましたが、どれがどれほどの影響を与えたかを精査することは今でもなかなか難しいです 

  

ですので、あくまで僕は10記事で合格し、その時に心がけたことなので、これからアドセンスの審査を受ける方はその他の情報等も参考に、自分なりに解釈し記事を書いていただければ幸いです

 

記事作成で心がけたこと

 

①誰かのためになる情報を意識した

多くのブロガーさん達が、アドセンスの条件として、質の良い記事を書くことが大前提だと言ってましたので、こちらを意識的に実践しました 

 

僕の場合何が発信できるだろう、と考えた時にまずは、一番自信がありコンスタントに実績(副業で毎月30〜50万円)を出せているメルカリを使った(物販)情報だろう、と考えました。ご興味ある方はこちらもご覧下さいませ

メルカリで月に10万以上稼ぐために必要な10の条件
 私自身、現在進行形で月平均50万円程度メルカリから稼いでいまして、おそらく今扱っているアカウントや商品を扱わないで新たなアカウントで新たな売れる商品をリサーチして10万円稼げ、と言われても、初月から10万円以上稼ぐことはさほど問...

なるべくメルカリをやりだした初心者の方でも稼げるような情報を心がけてかきました

 

②一つの記事の文字数は2000文字以上は書くことにした

 

これも先駆者のブロガーさん達が、一記事2000文字は書かないと評価されにくいとの情報の元意識しました 

 

ただ良質な記事を書くためにはそれなりの文字数が必要になりますので、正直あまり意識しなくても①を意識すれば満たしてくる条件かなと思ったのが実際のところです(ちなみにここまですでに丁度2000文字程度です)

  

書き出す前はすごく大変そうだと感じていましたがテーマを決めて書き出したら意外と2000文字は書けるかと思います

 

③内部リンクを意識的に貼るようにし

   

内部リンクとはまさに上でご紹介した、メルカリで稼ぐための10の条件てページに飛ぶような仕組み、のことですね

 

自分のブログ内になるべく滞在してもらえる(=有益な情報を扱っている)ことが大事だという情報を見ましたので実践しました

 

ざっと大きくはこれくらいだったかと思います 

 

申請から合格までは24時間かかってないくらいでした、審査に1週間くらいかかるという情報もありましたので、気長に待つつもりで、

普通に毎日のメールチェックしてたら、しれっと合格してました

 

10記事でなぜ受かったのだろう??

 

これに関しては考察でしか、なんとも言えない部分になりますが、上記の①②③を意識的に書いたことが大前提にありますが、あまり意識してなかった部分ではあるのですが、オリジナルの実体験に基づいた記事を書いたのが結果的には良かったのかなと推測します 

 

トレンドを扱ったサイト、ゴリゴリのアフィリエイトサイト等ではなく、実体験に基づく記事を書くことでの希少性の部分も評価されたのかなと推測します

 

ネット情報を見るとグーグルアドセンスに不合格になる原因として、上記のようなアフィリサイトや文章のコピー、トレンドアフィリ等が挙げられていましたので、もし、不合格になってなかなか、前に進めない方がいらっしゃいましたら、ライティング技術はなくともオリジナルにこだわって書くことが重要な要素の一つになるのかな、と感じました

 

まとめ

 

  • Google Adsense(グーグルアドセンス)は10記事で合格できる
  • 誰かのためになる記事作成を心がける
  • 1記事2000文字以上は書く
  • 内部リンクを意識的に貼る
  • ゴリゴリのアフィリエイトやコピーを避けオリジナル記事を心がける

 

この記事が少しでも参考になり、Google Adsenseに合格できる方が増えましたら、幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました